東大阪市の歯科・歯医者安部歯科医院

06-6744-4114

求人情報

治療について

治療について

無痛治療についてもっと詳しく

みなさまは、虫歯治療のイメージはどのようなものでしょうか。「痛い」・「怖い」・「辛い」といったイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。歯科の治療方法は日々進化しており治療において、現在は「無痛治療」が確立されています。当院でも早くから無痛治療を取り入れ、治療の際は細心の注意を払いながら進めていきます。無痛治療には、様々な方法があり、詳しいページをご用意しましたので、ぜひご覧ください。

安心の治療体制もっと詳しく

治療計画書当院では、治療についての内容や、計画・現在の状況などを詳しくご説明致します。初診の患者さまには「治療計画書」をお作りし、治療途中でもいつでも患者さまがご自分の歯の状況をご確認頂けるような仕組み作りに取り組んでおります。計画書は大人用と、お子様にも、少しでも歯医者を好きになって頂くように、「男の子用」「女の子用」をご用意しております。今後も安心と安全のための取り組みを行って参ります。

虫歯治療について

虫歯は気が付かない間に進行してしまい、痛みに気がついてからでは虫歯進行度が進んでいることが多く見られます。進行度は大きく分けて4段階あり、進行度によって治療方法が異なります。虫歯の進行度と治療内容を簡単にご紹介しています。

  • C0 虫歯の初期状態

    歯の表面的な脱灰、シーラントにより修復可能な状態で、非常に軽度な虫歯です。この段階ですと、歯の再石灰化が期待でき、治療後もしっかりとしたケアが大切です。

  • C1 虫歯の中期状態

    エナメル質の虫歯です。金属のつめものや、樹脂を使用して治療を行います。この時点では自覚症状はほとんどありません。日々の予防治療を行うことで、早期に発見し治療を行う事が可能です。

  • C2 虫歯の後期状態

    虫歯が象牙質まで進行した状態です。治療はC1同様に金属のつめものや樹脂等で行います。症状は、冷たい水や風などがしみるようになり、症状が悪化すると神経を取る治療が必要になります。

    インレー(つめもの)について
  • C3 Pul 虫歯の後期状態

    虫歯が神経まで進んでいる状態です。神経に細菌が進むことで炎症を起こし激しい痛みを感じます。特に、熱い食べ物や飲み物がしみることが多く、ズキズキと痛み出します。神経を抜く治療が必要になることが多いケースです。

    かぶせものについて
  • C3 Per

    歯の根の先に病気があります。消毒を繰り返す必要があります。症状は,激しい痛みを感じる事が多く、食べ物を噛んだ時などに特に現れます。しっかりと消毒を行った後、神経と取り除く治療となります。

  • C4

    虫歯がかなり進んでいます。歯の頭がなくなっている状態で、神経治療で治ることもありますが、ほとんどが抜歯となります。抜歯後は、入れ歯やインプラントといった治療が必要になります。

クリニカルコーディネーターにご相談下さい

ご自身のお口の事、大切なご家族のお口の事などなかなか今まで気になっていたけど聞けなかったことなどクリニカルコーディネーターがご相談におのりします。

クリニカルコーディネーターにご相談下さい
オーラルホスピタリティーコーディネーター

当医院では、オーラルホスピタリティーコーディネーターが在籍しています。

オーラルホスピタリティーコーディネーター(通称OHC)とは、患者さんと歯科医院をつなぐ、コミュニケーションの専門家です。
当医院では患者様に、より満足して通院して頂くため、良きパートナーとして御相談頂けるような環境づくりに取り組んでいます。
ぜひ御気軽に御相談下さい。

オーラルホスピタリティーコーディネーター
menu